犯罪の抑止力としても活躍|犯罪を防ぐためにも防犯カメラを導入しよう|録画などの機能も充実

犯罪を防ぐためにも防犯カメラを導入しよう|録画などの機能も充実

女の人

犯罪の抑止力としても活躍

ガードマン

性能を知って選ぶ

防犯カメラは、犯罪が起きてしまったときの証拠となるだけでなく、犯罪の抑止力としても活躍します。近年は、犯罪対策だけでなく、認知症の家族の見守りのためや、留守にしているときの家族の様子確認のため、ペットの様子を見守るためといった理由で付ける人も増えており、目的にあわせて様々な商品が出てきています。防犯カメラと一言でいっても性能はピンキリです。手軽な抑止力として活躍させたいのならば、比較的安価で目立つタイプのものがよいでしょう。しっかりと防犯に役立てたいという場合には、防水性能や録画容量、録画の質などがきちんとしているものがおすすめです。家族の見守りなど、あまり目立ってほしくないときは小さめのものや埋め込み式のものがふさわしいといえます。

設置場所に工夫を

防犯カメラは、目的によりおすすめの設置場所が異なります。空き巣や泥棒、ストーカーなどの侵入防止といった抑止力目的で設置する場合には、なるべく目立つ場所につけ、防犯カメラの存在感をアピールするのが効果的です。抑止力も目的としますが、きちんと録画もしたく、それでいてあまりに高額なものは厳しいなどという場合は、雨に濡れないところにすると予算が抑えられます。防水性能があるものは少し値段が張るためです。家族の見守りや監視のためならば、目立つ場所は避けなければならないので、家具に埋め込んだり、他のものでカモフラージュできたりするものがよいでしょう。少し大がかりになりますが、屋根や壁に取り付ける方が確実です。