犯罪を防ぐためにも防犯カメラを導入しよう|録画などの機能も充実

錠前

監視カメラで防犯する

住宅

監視カメラが普及している

最近では、街中でよく、防犯カメラが設置されているのを見かけ、実際に犯罪捜査でも証拠として利用されるようになってきました。業務用の防犯カメラの普及により、値段も下がってきており、家庭用での利用も増えてきています。実際に家庭用で防犯カメラを設置するには、用途・目的をはっきりさせる必要があります。大きな目的は、一般的に「カメラで監視させることにより、犯罪を抑止する」、「証拠用として提出する」が挙げられます。犯罪抑止のためには、屋内だけでなく、屋外にも必要でしょう。そうなると、雨天時の防水機能が必要です。また、夜間の監視もするのであれば、赤外線LEDカメラのような、暗視機能があった方が良いです。また、証拠用として提出するには、録画機能が必要となります。

レコーダーも重要である

防犯カメラを購入する場合、カメラの方に気を取られがちですが、実は録画するためのレコーダーには色々な機能がついており、その選定も重要になってきます。レコーダーといえば容量が気になりますが、録画にどのぐらいの容量が必要なのかは、他の要素が絡んできます。画素数や画質を上げれば、その分、容量をとりますし、フレーム数を減らせば、カクカクの動画になりますが、容量は少なくて済みます。また、圧縮方法によっては、画面に動きが少ない時には容量を少なくすることができます。画面に変化があった時だけ録画する機能もあります。このように、容量を減らす方法、機能はいろいろありますし、4画面を一度に表示して録画したり、ネットとつないでスマホで監視できたりする機能もあります。自分の目的に合った、レコーダー選びをしてみましょう。

お子様の位置確認に

家と錠前

お子様の行動範囲を把握して常に安全確認をしたいというのなら、GPS付きの防犯携帯を持たせましょう。GPSが内蔵されているのならピンポイントで居場所をきちんと把握できますので、安心してお子様の帰りを待てます。

もっと知ろう

犯罪の抑止力としても活躍

ガードマン

防犯カメラには、犯罪の録画という機能の他に犯罪を防ぐという抑止力的な目的もあります。家族の見守りや監視目的も増えているのです。目的に応じて性能は選び分けるのがおすすめでしょう。設置場所も、目的によってふさわしい場所は変わってきます。

もっと知ろう

セキュリティーの高まり

つみき

監視カメラの設置目的は、外部から訪れる人を監視する目的と不審者の侵入を抑止する目的があります。マンションでは早くからセキュリティー面で設置されていますが、個人宅でも監視カメラを設置するお宅が増えています。

もっと知ろう